INTERVIEW
先輩インタビュー

  • 損害保険鑑定人
  • 確実な報告をするため
    納得いくまで調査
    確実な報告をするため納得いくまで調査
  • 2015年 入社
  • 損害保険鑑定人
  • 判断力と行動力判断力と行動力
  • 2016年 入社
  • 損害保険鑑定人
  • 損害保険鑑定人が果たす
    役割の大きさ
    損害保険鑑定人が果たす役割の大きさ
  • 2000年 入社

 
  •  
  • INTERVIEW #01
  • 損害保険鑑定人
  • 確実な報告をするため
    納得いくまで調査
    確実な報告をするため納得いくまで調査
  • 荒谷 允
  • 2015年 入社
第三者として客観的な視点
入社後は、損害保険鑑定人の助手として机上での勉強や、先輩に付いて仕事の流れを学びました。札幌本社勤務で損害保険会社へ訪問し、書面での査定業務や札幌近郊の立会調査を主な業務としていますが、九州、関東、関西などの道外での広域災害も経験しました。
どの現場でも先入観を持たず、第三者として客観視することができる損害保険鑑定人であることを常に心がけています。損害保険会社へ確実な鑑定結果を報告するために、納得いくまで調査を行います。
密なコミュニケーションが取れる
損害保険鑑定人は日本全国に活動する場があるので、出張で各地に出向くことがありますが、自然災害等は無くならないため常にニーズのある職業です。会社は仕事をした分しっかりと評価をしてくれますし、家族との時間も大切に考えてくれます。ですが、損害保険鑑定人という職業の認知度が低いためか、人員不足なのが現状です。慣れるまでは、仕事が溜まり時間に追われ、プレッシャーを感じることもあります。そんな中でも社内では密にコミュニケーションを取りやすく、尊敬できる先輩鑑定人から多くの情報や知識などを身に付けられる環境です。
 
就職活動をされている方々へ
日本損害保険鑑定人協会に所属している損害保険鑑定人は全国で1000人程しかいない、特殊な職業です。ニュースで放送されているような広域災害被災地へ向かい、時には全国から所属している会社の異なる損害保険鑑定人が多数集まることもあります。地元ではライバル関係にある会社の損害保険鑑定人が同じ目標に向かい協力し合うこともあります。所属している会社や経歴に関係なく、切磋琢磨し、刺激を受けることができることは、他の業界には見られない、良い面だと思います。調査先で「ありがとう」と感謝された時にはとてもやりがいを感じます。困った時に助けてくれる仲間がいるので、建築知識が無くても一から学ぶことができます。
  •  
  • INTERVIEW #02
  • 損害保険鑑定人
  • 判断力と行動力
  • 糸谷 賢太
  • 2016年 入社
「損害保険鑑定人」という存在
私の兄が損害保険鑑定人になった事で「損害保険鑑定人」という職業は身近な存在となりました。地元だけの仕事ではなく、出張で全国各地を飛び回る姿がかっこよく写り、憧れを抱くようになりました。仕事で様々な知識や経験を得られ、損害保険鑑定人のニーズが年々高まっていることを知り、魅力を感じました。
枠にとらわれない業務
社会の様々な場面で損害保険は役立てられているため、損害鑑定を行う対象も多種多様です。そのため必要とされる専門知識も多岐に渡り、先輩鑑定人でも日々「悩み」、「調べる」を繰り返していると聞きます。その知識にもとづいて客観的に物事を捉えて理解し、それを相手に伝えるため、型にはまった業務ではなく、状況に応じた判断力や行動力も必要だと感じています。

 
鑑定人としての第一歩
入社後は損害保険鑑定人の資格取得に向けての勉強時間を頂きながら業務内容を教わりました。資格取得後は、指導鑑定人に損害鑑定の基礎知識を教えてもらい、自然災害で道外への出張応援も経験しました。まだ覚えなければならない専門知識も多く、瞬時の判断力を身に付けなければならないなど、課題は多いですが、質問や相談をすると理解して解決するまで教えてくれる先輩鑑定人がいるため、働きやすい会社です。

  •  
  • INTERVIEW #03
  • 損害保険鑑定人
  • 損害保険鑑定人が果たす
    役割の大きさ
    損害保険鑑定人が果たす役割の大きさ
  • 林谷 茂之
  • 2000年 入社
広がる見識
損害保険鑑定人は火災や自然災害直後の現場へ行くこともあり、テレビ報道で見た状況と実際に現地で見た状況の違いに、衝撃を受けることもあります。被災された方々が一日でも早く元の生活に戻れるよう迅速な損害鑑定をする事が一番大切ですが、こういった事を教訓として次世代へ語り継ぐ事も大切な役割と感じます。
事故は何時、何処で、誰に発生するか判りません。そのため、様々な方々とお会いする機会があり、時には普段立ち入ることができないような場所へ伺うこともあり、見識が広がる職種です。

あまり知られていない火災保険
近年では台風、洪水、地震等の大規模な自然災害が報道される機会も多いですが、そういった自然災害に火災保険(地震保険)が役立っていることはあまり知られていないように感じます。調査先でも火事で保険が使えることは知っていたが、自然災害で保険が使えるとは知らなかった、という話をよく耳にします。火災保険がどういったものか、世間一般には認知されていない部分も多いと思いますが、その火災保険の調査を行う損害保険鑑定人という仕事はもっと知られていないようです。
私が入社したときには当社の損害保険鑑定人は20数名でしたが、現在では50名を超える規模となっています。火災保険のニーズも高まり、気候の変化が影響しているのか、大規模な自然災害も多発しておりますので、損害保険鑑定人が果たす役割は年々大きくなっていると感じます。

 
就職活動をされている方々へ
皆さんがこれまで経験してきた人生より長い時間を就職する会社で過ごすことになります。社会への貢献、仕事のやりがい、会社に自分の居場所がある、長く仕事を続けるにはこういった何かが必要だと思います。私が長く仕事を続けられているのは、居心地が良い会社と感じていることが大きく影響していると思います。『損害鑑定』という馴染みのない業種ですが、その何かを探しに当社の会社説明会へ来てください。

 
鑑定人のとある1日
ONE DAY SCHEDULE
  • 9:00
  • 出 社
  • 時間には余裕をもって出社し、まずはメールをチェック。
    今日のスケジュールを確認して、業務内容を整理。
  • 10;00
  • 立会調査
  • 事故発生現場へ向かい、現地で損害調査。
    車での移動が多い。
    関係者から状況を伺い、損害状況を確認、写真撮影等を行う。
  • 12:00 
  • 昼休み
  • 帰社途中で外食することが多い。
    社内で昼食が取れるときは、社員同士でコミュニケーションを取れる大切な場となる(雑談も多いが)。
  • 13:00 
  • 巡回業務
  • 損害保険会社へ出向いて、書面鑑定、相談業務。
    現地へは行かず、写真、見積書で損害鑑定を行うこともある。
    損害保険会社の社員と調査した案件の打ち合わせも行う。
  • 17:00
  • 退 社
  • 帰社後、調査した案件の書類整理を行う。
    仕事の整理がつき次第、退社。